Home » クレジットカード現金化の知識 » クレジットカード現金化で利用停止にならない為に出来る3つの事

クレジットカード現金化で利用停止にならない為に出来る3つの事

calendar

給料日前の金欠時に、とにかく急ぎで現金が必要になった!

誰かにお金を借りる?消費者金融に駆け込む?そのどちらも出来ない!

クレジットカード現金化をしてみたいけど、利用停止になったらどうしよう!とお悩みの皆さんに朗報です。

この記事では

  • クレジットカード現金化をして利用停止になってしまう人の特徴
  • クレジットカード現金化をしても利用停止にならない方法

をご説明致します!

クレジットカード現金化で利用停止になると起こる事

クレジットカード現金化で利用停止になると起こる事
クレジットカード現金化はカードのショッピング枠を利用して、購入した商品を売ったり業者を利用して現金を入手する方法です。

クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまった時に、消費者金融で融資を受ける際に必要な審査や身辺調査なしで現金を入手出来るのが特徴となります。

とても便利なクレジットカード現金化ですが、誤った方法で現金化を行うとクレジットカードが利用停止になってしまう可能性があるのです。

クレジットカードが利用停止になる理由は一体なぜなのでしょうか?
そして、利用停止になるリスクはなんなのか確認してみましょう。

カード現金化は利用規約違反だった

まず、クレジットカード現金化を法律で取締る事は出来ません

その理由は故意な現金化とそうでない時の判別が難しく、違法として取締る事が出来ないからです。

しかしながら、クレジットカード会社の利用規約では現金化の為にクレジットカードを利用する事を禁じています

その為、クレジットカード会社は換金率の高い商品の連続購入や、ブランド品の購入履歴からクレジットカードの現金化を疑うのです。

もしクレジットカード現金化をしている事がカード会社にバレてしまうと、どのような事が起こるのでしょうか?

カード会社に現金化がバレた時のリスク

カード会社に現金化した事がバレてしまうと、この様な事が起こる可能性があります。

  • クレジットカードの一時的利用停止
  • 支払いの一括請求
  • 信用情報に傷が付く

手元にお金がなくて現金化をしたのに、カードが利用停止になったり、支払いの一括請求なんてされてしまったら困ってしまいますよね。

それにしても1990年代から30年も続いているサービスでありながら、クレジットカード現金化をしてバレてしまう人が居るのはどうしてなのでしょうか?

クレジットカード現金化で利用停止になる人の特徴と対策

クレジットカード現金化で利用停止になる人の特徴と対策
実を言うとクレジットカード現金化で利用停止になってしてしまう人には、ある共通点があります。

その共通点は3つ

  • キャッシング枠を使い切っている
  • 換金率の高い商品の連続購入
  • 月々の返済が滞っている

これは一体どういう事なのか、詳しく説明致します。

キャッシング枠を使い切っている

クレジットカードにはショッピング枠の他にキャッシング枠というお金を借りられる枠があります。

この枠を使い切ってしまうと、カード会社はその人がお金に困っていると判断して、得に厳しく購入履歴を監視して換金率の高い商品を買っていないか確認しているのです。

この厳しい監視を受けない対策は、クレジットカードのキャッシング枠を使い切らない事で対策する事が出来ます。

キャッシング枠を使い切っていなければ、「まだキャッシング枠があるのにそんな事しません」と違和感なくショッピング枠を使う事が出来るのです。

換金率の高い商品の連続購入

クレジットカード会社は利用者にカード現金化をさせない為に、換金率の高い商品の購入履歴を特に注意深くマークしています。

利用者が換金率の高い商品を購入していたり同じ商品を何度も購入すれば、カード会社は利用者のカード現金化を疑うはずです。

カード現金化の方法は大きく分けて3種類あります。
①商品を購入して、リサイクルショップなどで売る方法
②商品を購入して、業者に買取って貰う方法
③キャッシュバック方式の現金化業者を利用する方法

①と②の場合は自分で換金率の高い商品を購入しなければならない為、カード現金化を疑われてしまうリスクから逃れられません。

それを回避する為に③のキャッシュバック方式の現金化業者を利用する事をオススメ致します。

キャッシュバック方式の現金化は、業者の指定する商品を購入した際のキャッシュバッグとして現金を還元してくれる方法です。

その為現金化業者を利用しても、換金率の高くない商品を買った履歴しか残らないので購入履歴から現金化を疑われる心配がありません

月々の返済が滞っている

基本的な事ではありますが、クレジットカードの月々の返済が出来ていない人が高額なショッピングをしようとするとクレジットカードが一時的利用停止になってしまう場合があります。

これから高額な買い物をするのに、今までのカードの支払いが滞っている人では返済能力に疑問があると疑われてしまうのも仕方ありません。

クレジットカード現金化をする場合には、それまでのクレジットカードの使い方も関係してしまいます。

もし利用額を一括で返済出来ない場合には、決済の方法を分割払いやリボ払いに選択出来るキャッシュバック方式の現金化業者を利用する事が対策になるかもしれません。

もし既に返済が滞り気味でカード会社から返済能力に疑問を抱かれている場合は、キャッシュバック方式の現金化業者に事前に相談してみるといいかもしれませんね。

安全なクレジットカード現金で利用停止を回避しよう

安全なクレジットカード現金で利用停止を回避しよう

いかがでしたか?
クレジットカード現金化で利用停止になってしまう人の共通点や、利用停止にならない対策が判りましたね!

最後にもう一度おさらいしてみましょう。

クレジットカードの現金化をして利用停止になってしまう理由

クレジットカードの現金化をして利用停止になってしまう理由①キャッシング枠を使い切っている
②換金率の高い商品の連続購入
③月々の支払いが滞っている
クレジットカードの現金化で利用停止にならない方法①キャッシング枠を使いきらない
②キャッシュバック方式の現金化業者を利用する
③月々の返済をきちんとする。一括返済が困難な場合は分割やリボ払いを選べるキャッシュバック方式の現金化業者を利用する

クレジットカード現金化は緊急性の高いお金の悩みを助ける存在として誰でもご利用いただけるサービスです。

当サイトのTOPページに情報をまとめているので、詳しくはこちらをご覧ください。

クレジットカード現金化攻略ラボのTOPはこちら