Home » 様々な現金化 » ツケ払い現金化ってなに?クレカ不要!金融ブラックでも使える現金化術

ツケ払い現金化ってなに?クレカ不要!金融ブラックでも使える現金化術

calendar

クレジットカードは持っていない、或いは利用限度額を使い切ってしまった。
消費者金融でもブラックリスト入りしているからお金を借りる事が難しい。

それでも、どうしても今すぐお金が必要という事がありますよね?

そんな時に、アルバイトでもフリーターでも給料が入る見込みさえあれば誰でも即座にお金を入手出来るツケ払い現金化をご存じでしょうか?

初めて聞いたという人も、気になっているけどいまいちよく判らないという人もご安心ください!

この記事では

  • ツケ払い現金化の仕組み
  • ツケ払い現金化の利用手順
  • ツケ払い現金化のメリット・デメリット

この3点について詳しく説明致します!

ツケ払い現金化の仕組み

ツケ払い現金化の仕組み
そうは言っても、ツケ払い現金化が実際にどういうものなのか判らない方が多いのではないかと思います。
同じ様に働いていればお金を借りれる給料ファクタリングとはどう違うのでしょうか?

簡単に説明すると給料ファクタリングは給料を貰う権利を担保にお金を借りる方法です。

ツケ払い現金化は利用者が商品を購入する代金を業者が立替て、その商品を業者が買取ってくれるので、その売却金額を利用者に還元するツケ払いで購入した商品を業者に買取って貰う現金化方法です。

利用者は、即座に現金を入手できますが、給料日がきたら業者に立替て貰った商品の代金を支払う事で取引が完全に終了する形になっています。

給料ファクタリングとの違いは、ツケ払いする対象が商品なので利用した際に手元に戻る金額が大きいという事です。

クレジットカード現金化で、問題視される違法だと言われる部分に関しても、完全に業者と利用者の中で完結しているので、支払い期限さえ守れば違法性も全くありません

ツケ払い現金化の利用手順

ツケ払い現金化の利用手順
ツケ払い現金化が他の現金化の方法と異なる事がわかりましたね。

それでは、実際にツケ払い現金化をする時の利用手順を確認してみましょう。

ツケ払い現金化の流れ

  1. 業者に申し込み
  2. 書類提出・審査
  3. 業者が代金を立替てくれるので、ツケ払いで商品購入
  4. 商品を業者に売却
  5. 売却代金が業者から入金
  6. 給料日に業者が立て替えてくれたツケ払いの代金を支払う

ツケ払い現金化は、業者への申込みから始まります。

申込みのメールフォームには、働いている会社や月々に確定で支払わなければならない家賃やローンの確認など、無理のない利用範囲であるかを確認する為の情報を記入する必要があるので、少し余裕を持って申込みしましょう。

審査の内容は会社に在籍しているかどうかの確認がありますが、保険会社のセールスなどを装った電話での確認なので会社の人にツケ払い現金化がバレる事はありません。

必要書類

  • 顔写真付きの身分証明書
  • 保険証
  • 給与明細
  • 口座履歴

必要な書類は利用する業者によって多少異なりますが、基本的にはこれらの本人確認や給料が確実に振り込まれているかというツケ払いが可能かどうかの確認用の書類になっています。

ツケ払い現金化のメリット

ツケ払い現金化のメリット
どんなサービスにも長所と短所があるので、確認してみましょう。

まずはツケ払い現金化を利用するメリットをご紹介致します。

審査不要

ツケ払い現金化のメリットは、消費者金融やクレジットカードの作成を断られてしまった経験のある金融ブラックの方でも利用する事が可能な所です。

金融の経歴書はどこで情報作成しても共有されてしまい、多くの情報は丸々5年間記録に残ってしまいますが、ツケ払い現金化であれば、本人確認会社への在籍確認のみで即座に現金を入手する事が可能です。

会社への在籍確認も保険セールスのふりをする方法で電話をしてくれるので、利用者の周囲の人にツケ払い現金化がバレる事もありません

入金までが早い

ツケ払い現金化は、取引をネットと電話のみで取引をする事が可能なので必要な書類や審査が通ればすぐに現金を入手する事が可能です。

必要書類の確認や在籍確認があるので、クレジットカード現金化に比べると入金速度は劣りますが、どんな人でも利用出来るサービスの中では入金までの時間が安定している魅力があります。

ツケ払い現金化のデメリット

ツケ払い現金化のデメリット
お金がない、カードがない時でも素早く現金を入手出来るツケ払い現金化ですが、使う上での注意点はどんな事なのでしょうか?

どんな便利なサービスでも、知っているのと知らないのでは大きく異なってしまうので安全にツケ払い現金化をする為にも確認してみましょう。

手数料が掛かる

ツケ払い現金化にはサービスを受ける為に手数料が掛かります

ツケ払い現金化の手数料は利用金額の10%~20%ですが、利用する金額に応じて手数料も増えるので利用する際には無理のない範囲で活用してください。

1カ月以内の返済期限がほとんど

ツケ払い現金化は、給料が入った後に支払いをする後払いで成立していますが、代金を支払う期限は多くの場合1か月以内が相場になっています。

この期限を知らないで支払いが滞ると当然ながら契約違反になってしまうので、給料が入金されるタイミングとよく相談して必ず支払い期限を守って利用しましょう

悪質業者が存在する

カード現金化や他の現金化の方法にも言える話ですが、現金化業者の中には悪質業者が存在します。

ツケ払い現金化の悪質な現金化業者では、振込みの直前になって入金額を減額してくるので、此方から防ぐ事ができません。

ツケ払い現金化業者を使わない方法はあるの?

ツケ払い現金化業者を利用する場合は、この様なメリットやデメリットがある事が判りましたね。

そうした上で、現金化業者に自分の働いている場所がバレてしまう事や、給与明細が必要なのは不安だという方も中には居るかと思います。

そうした方に向けて、業者を利用しないでツケ払いで現金化をする方法をお伝えします。

バンドルカードを利用する

ツケ払い現金化は業者に働いている事の証明や、給与明細などのを提出する必要がありますがバンドルカードを利用すればアプリだけで現金化をする事が可能です。

バンドルカードを利用した現金化が気になる方はリンク先で詳しく説明されていますが、簡単に言うとバンドルカードで購入した商品をカード現金化の業者が買取りしてくれるので、商品を売ったお金を入金して貰う仕組みです。

バンドルカードで現金化出来る業者は珍しいのですが、この記事ではバンドルカードで現金化出来る現金化業者の紹介もあるので、スムーズかつスピーディに現金化する事が可能なので、急いで現金を入手したい人はこちらの記事を参考にしてみてください。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す